• TOP
  • 会社概要
  • 製材〜かながわ県産木材
  • プレカットシステム
  • 耐震工法テクノストラクチャー
  • ハウスデボハートシステム
  • 設備概要
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

耐震住宅工法 テクノストラクチャー

高い耐震性を誇る木造住宅工法・テクノストラクチャー。オリジナルの複合梁と接合金具を使用し、邸別の構造計算を行う事で、木造住宅の良さと強さを合わせ持ちます。
パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー
311項目の構造計算と優れた強固な構造体で高い耐震性と耐久性を実現

木の住まいの良さを生かしつつ、現代の科学的見地に基づいた耐震実験、強度分析、材料の選定、構造設計など、様々な問題解決の方法を追求し誕生したのが、テクノストラクチャー工法です。

テクノストラクチャー工法とは
 木と鉄の複合梁「テクノビーム」を中心とした頑丈な構造

木製梁に比べ曲げ強度が3倍の、木と鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」を使い、住まいを力強く支えます。また、木材の切り欠きを減らし、優れた強度を誇る梁のボルト接合、柱のドリフトピン接合を採用し、接合部での安定した高強度を実現。さらに地盤の性質に適した、スウェーデン式サウンディング試験により、詳細な地耐力調査を実施。地耐力に応じて鉄筋コンクリート製の布基礎とベタ基礎の2種類の基礎仕様を用意。高い耐震性を誇ります。

建てる前に311項目もの綿密な構造計算を実施

テクノストラクチャーでは、一棟一棟異なる間取りや地域条件を加味した上で、自動的に構造体を設計でき、さらに設計された構造体が十分に強度確保できているかをチェック。オリジナルの構造計算システム「自動躯体設計システム」の311項目の綿密な構造計算により、地震に強い家をつくります。

優れた耐震性・耐久性・耐火性
資金面でも有効
優れた敷地対応力

従来の木造軸組工法に鉄骨の強さを加えたテクノストラクチャーは、1棟ごとに構造計算(災害シミュレーション)を行い、耐久性、耐震性に優れた建物を実現しています。さらに45分準耐火構造で市街地での建設も可能です。

RCや重量鉄骨造などに比べ、一般的には初期投資が少なく、建設におけるオーナー様のリスクを軽減できます。また、法律で決められた耐用年数が短いため、より高い割合で減価償却費を経費として計上することが可能となり、税金対策にも有効です。

数センチ単位の細やかな自由設計対応が可能。だから規格寸法では建てにくい変形地でも、自由にプランニングでき、敷地を最大限に活用した施工が実現します。

詳しくはこちら